ワッショイ黄太郎〜週末お祭りハンター〜

週末お祭りハンター ワッショイ黄太郎。日本の盛り上がれるお祭りに潜入参加します。

【鳥取 蛸舞式神事】股間から出血しお逝きになられたかと思ったでござる

ネットに情報が全く乗ってない、この祭り。軽い気持ちで参加したら、危うく大事な股間がお逝きになられるところだったので、詳細をご報告したい。

【大分 ケベス祭】危険度MAX! めちゃ熱い炎に追いかけられる、奇祭に参加した!

大分の山奥で行われるこの祭り。起源は一切記録にないらしい。しかし、国の無形民族文化財に指定されているという。意味が全くわからないので、とにかく現地に行って参加してみた。

GoPro HERO6 夜間撮影での実力は明らかに良くなっている!HERO5と比較

今までのGoProは夜撮影には正直向いていませんでした...ブレてしまったり、光量が少ないとほぼ真っ暗…。しかし、新しいHERO6ではその点が少し改善されているようですよ! HERO5と比較してみました。

GoPro HERO6 水中撮影はHERO5より表現度圧倒的向上!! 比較したッ

また知りたいところに手が届く海外YouTuberミッチがやってくれました。水中の中でGoPro HERO5とHERO6の映像を比較しています。その違いに驚きました。

GoPro HERO6 新搭載HDR機能とは? WDRとの違いは?!

GoPro HERO6に搭載されたHDRカメラ撮影機能。WDRはHERO5にも搭載されていたが、それとの違いはなんなのか。海外比較記事を参考に整理をした。

【GoPro HERO6】バッテリーは若干性能向上! 共通バッテリーで撮影時間をHERO5と比較!

先日GoProから新モデルであるHERO6が発表された。その性能は新しいものが発表されたが、肝心なバッテリーについては性能が向上したのか語られなかった。しかし海外YouTuberが数日前にHERO5との比較動画を公開した。

【GoPro HERO6】手ぶれ補正が大幅進化! HERO5と比較したッ

GoPro HERO6が先日リリースされた。その機能についてはこちらで紹介したが、その中でも手ブレ補正が大幅にアップデートされていることがわかったので、この機能をフィーチャーしたい。

【GoProエラー対処】画面が動かない場合の復旧方法

HERO3を今でも撮影用に使っているのだが、先日突然HERO3がフリーズ(電源を入れると小さい液晶が付くものの、動かない)状態に陥った。その時の対処法を見つけたのでご紹介したい。

【レビュー】GoPro HERO6が発売キタ! HERO5と比較 360°カメラFusionも発表!

GoPro HERO5を愛してやまないが、ついに新製品HERO6が発売となった!HERO5との比較をし、"日本最速妄想レビュー"を始めよう。

【沖縄 渡嘉敷島】ビーチが綺麗すぎて日帰りじゃもったいないレベルだった件

祭りとは関係ないのだが、 渡嘉敷島に行ってきた。その景色が絶景すぎたので、沖縄本島からの船でのアクセスやビーチ、シュノーケルなどのアクティビティを紹介したい。

徳島ドローン撮影:かずら橋は足ガクガク間違いなしッ 混まない早朝に行って来た

徳島阿波踊りまでの時間が空いたので、祖谷(いや)のかずら橋という場所に行って来ました。徳島駅から2時間ぐらいかかるこの場所はまさに秘境。四国のちょうど真ん中にありました。

徳島ドローン撮影:樫原の棚田 誰もいない秘境の地がそこにあった

阿波踊りついでに徳島県内にある「樫原の棚田」に立ち寄った。誰もいない山奥で撮影した映像は見応えあり。

高知ドローン撮影:柏島が驚きの蒼さであった。でも混雑度MAX

高知よさこい祭りに参加したがてら、高知県の西側、柏島(かしわじま)に行ってきました。高知駅から2時間くらいかかるので県民も多く訪れないビーチ・・

徳島 阿波踊り:県外からでも参加できる! が、盛り上がり度は”にわか”!?

高知よさこい祭りに参加した後、すぐさま車で徳島阿波踊りへと向かった!ソロで参加した阿波踊り、盛り上がり度合いは如何に・・!

【高知 よさこい祭り】軽い気持ちでソロ参加したら突然ステージパフォーマンスな件

全国各地で行われている「よさこい祭り」の総本山、高知よさこい祭りに参加してきた!一緒に行く仲間が誰も集まらなかったので、ソロでの参加をしたぞ。でもバチアゲられたので安心して聞いてほしい。

【青森ドローン撮影】高野崎で青森の先っちょに突っ立てきた

青森の海のイメージは濃いブルーで波が激しい、そんなものであった。青森ねぶた祭の帰りに高野崎というスポットに行ったら、海と仲良くなれたのでご紹介したい。

【青森 ねぶた祭】参加を超絶オススメッ! もはやフェス!!県外参加で全然OK

青森といえば、ねぶた祭を思い浮かべる人も多いであろう。200万人以上が参戦する日本を代表する祭に初参戦!もはやフェスな盛り上がりだった。毎年8月2~7日に開催され、今回そのうち2日間参戦した!

【神奈川 浜降祭】夜通し神輿を担ぎそのまま海へ突入!朝方にはみんなフラフラ

茅ヶ崎の伝統的な祭り、浜降祭に参加してきた。24時から神輿を担ぎ始め、海まで夜通し担ぎ倒す、茅ヶ崎クレイジーな祭りだ!

GoPro HERO5のバッテリーはどのくらいの時間持つのか! 自称日本一の徹底検証

山口での通くじらまつりの移動中、GoPro HERO5 BLACKのバッテリー1個が実際どのくらい持つのかという実験をやってみた。GoProのバッテリーはすぐなくなるというのが一般的の肌感覚だと思うが、検証結果やいかに・・・

【山口ドローン撮影】二位ノ浜って沖縄の海レベルかよ‼︎ プライベートビーチ感MAXでビビった

山口県長門で行われた、通くじらまつりの帰りに、ゲストハウスでオススメしてもらった二位ノ浜海水浴場を訪れた。その海の透明度が沖縄レベルで透き通っていたのでご紹介したい。ちょっと日本海舐めてました。すみません。

【ドローン撮影】山頂にエアビーしたら、勝手に伊勢志摩を所有できちゃった件

愛知の鯛まつりと三重の潮かけ祭りという連投参加をするために、伊勢志摩にAirbnb(エアビー)で宿を確保した。何気なく取ったのだが、行ってみたら伊勢志摩を勝手に所有できるレベルでサイコーの場所だったのでお伝えしたい。

【三重 潮かけ祭り】溺れる程の海水掛け合いに参加してきた!

今まで、別府の温泉ぶっかけまつり・佐渡島のたらい舟競漕まつり・山口の通くじらまつりに参加してきた。それゆえ水系の祭りは正に僕のホームグラウンドと言っても過言ではあるまい。そして、今回三重県志摩にてその真価が問われる祭りがきた「潮かけ祭り」…

【愛知 鯛まつり】コイキングかよ!!デカカワイイ鯛神輿が街を泳ぐ!

愛知には神輿が鯛の形をした祭りがあるらしい。この祭り自ら、天下の奇祭と豪語するからにはきっと驚くものが見られるはずだ。場所は豊浜漁港。名古屋から車で1時間のところにある。

【ドローン撮影:角島大橋 】 ターコイズブルーと橋! 山口県でマストビジットや!

角島大橋(つのしまおおはし)は山口県の右端っこで角島に本州からかかる橋だ。想像以上海の透明度に山口県をめちゃ好きになったのでお伝えしたい。

【ドローン撮影:元乃隅稲成神社】 岸壁に鳥居がぎっしり。超フォトジェニックスポットだった件

山口県の長門で行われた、通くじら祭り参加の帰りにとてもフォトジェニックな場所があると宿主に教えられたので、元乃隅稲成神社(もとのすみいなりじんじゃ)に寄った。 立ち並ぶ鳥居と断崖絶壁に接する海のコントラストがサイコーだったぞ!

【山口 通くじら祭り】伝統捕鯨の現場に潜入参加 800年の歴史上初!(おそらく)

クジラ、それは海で一番大きな生物として名を轟かせている。そんなクジラと直接対決出来る祭りがあるというので、全力で参加せねばなるまい。山口県は長門に急行した。

【レビュー】1年使い倒したGoPro HERO5の良い点・悪い点ホンネで全てお伝えするよ

GoPro HERO5 BLACKを使い倒し始めてもう少しで1年が経とうとしているのでレビューをまとめたい。 GoPro自体すごく好きだけど、GoProの回し者でもないので、本音で良い点・悪い点を書きつづってみた。 僕はGoPro3, 3+時代から使ってきたので、前世代のGoProと…

【GoPro HERO5の使い方】Protuneモードで撮った写真で比較<夜編>

GoPro HERO5 BLACKを普段から撮影機材として使うときは、動画撮影のために使うことが多い。 写真を撮りたいときは0.5秒おきのタイムラプスモードで撮って、いい写真を選ぶのが常である。 今回は、今まであまり使うことのなかった写真のProtuneモードの設定を…

【映像比較】OSMO MOBILE vs Karma Grip スタビライザー両手持ちしてみた

DJI OSMO MOBILEとGoPro Karma Gripは手ブレ補正するためのハンディースタビライザー(ジンバル)として手軽に利用できるガジェットだ。 僕はそれをどちらも持っているので、以前両者のスペック的違いをまとめた記事を書いたが、今回は両者を同時に撮って映…

【ここはラピュタの舞台か!?】佐渡金山をドローン空撮! コバルトブルーの海もあって佐渡島サイコーかよ

佐渡島たらい舟競漕祭りに参加した帰りに、佐渡金山とコバルトブルーの入江がある隠れスポットによったのでそちらをご紹介!佐渡金山までは、たらい舟の町小木から車で30分くらいだ。